2人と1匹暮らし*アレルギー育児

卵アレルギーの次男、食や育児、日々の備忘録

「あって当たり前」のものを見直してみる

ミニマリストを目指している訳でも何でもないですが、この度、キッチンシンクにあるアレをなくしてみることにしました。

 

どこの家にも当たり前にある、洗剤、スポンジ置き場をなくしてみた


f:id:apollo-fmfm:20170707125626j:image

 

毎回、ここにある道具をどけて掃除をするのが面倒で煩わしくて。溝のひとつひとつを古ブラシでゴシゴシするのも時間がかかるし、シンク内を全部ピカピカに磨くためにもコレをはずさなければならない訳で。

 

もう、いっそはずしてみたらどうだ!

 

これまではスポンジ、洗剤、シンク磨き用アクリルたわし、まな板洗い用ブラシが常にかごにある状態で、さらにまな板ホルダー部にも当然のようにまな板を置いてありました。

はずしたらそれらをどうするのか。

 

➡洗剤はちょっとした隙間に置けた

➡アクリルタワシは使用後洗って乾かして引き出しへ

➡まな板洗い用ブラシは毎回使う訳ではないので引き出しへ。使用時はアクリルタワシ同様に

➡まな板も使用後洗って乾かして引き出しへ立てて収納

 

ここでひとつ問題発生。

スポンジは乾かして収納するには使用頻度が高すぎる。シンク内にスポンジホルダーをペタッとくっつける?

でも、やはりホルダー部の掃除が…うぬぬ。

と、いうわけで今現在はこんな形。

 

輪ゴムを通したステンレスピンチ、蛇口にひっかけただけ。

 


f:id:apollo-fmfm:20170707130957j:image

 

これが意外と、ちょっこっとコップひとつ、スプーンひとつ洗いたい時に便利でして。

ゴムだから引っ張るだけでびよーんと伸びてびよーんと戻ってくれるのです。

 

肝心のシンク内はというと、掃除はもちろん快適!

はずしてみたら、大きな鍋もフライパンもさっと置けるようになって、食器洗い時も快適!

 

いやあ、はずして良かった!

 

あって当たり前のものを見直してみると、生活がぐんと快適になった

 

当たり前にあるものを見直してみると、案外他のもので代用できたり。それでなくてはいけないことはない。

 

まだまだ家のなかで見直せることがありそうです。