2人と1匹暮らし*アレルギー育児

卵アレルギーの次男、食や育児、日々の備忘録

家出後のオットの変化

前回、家族に何も告げず家出した事を書きましたが、現在は当然ながら家に帰ってきております。

 

実家に帰らせて頂きます!からの帰宅

 

帰宅したのは翌朝。

6時くらいだったのですが、玄関ドアを開けるとこどもたちの姿が。

 

「なんでじーちゃんちにいってたの?」

「・・・ちょっと(亡くなった)おばあちゃんとお話ししたくなってね」

「ふーん」

 

行き先も告げず家を出てきたのに、何故どこにいたか知っているのか?というのは、私が居場所のみ連絡したからです。

実家へ帰り、友人に会って愚痴を聞いてもらうと心が少しだけスッキリ。

「さすがに居場所は連絡したら?心配するよ」と言われたのでとりあえず実家にいる旨だけ連絡したという訳です。

 

こどもたちは案外平常通りの感じで、拍子抜け。オットはまだ布団の中でした。

この日は平日だったので私はいつものように朝食とお弁当を準備。そのうちにオットも起きてきて険悪ムードに…なるのは避けたかったので昨晩のうちに家出の理由や改善してほしいことなど、LINEでやり取り。

これがあって良かったです。

こどもの前で喧嘩になるのは避けたいし、感情が高ぶって泣いてしまう可能性もありますし。メッセージを送って、受け取って、一拍考える余地があるって大切でした。

 

一応勝手な行動をしたことを謝罪し、今回の件は収まった…と思われます。

 

 

その後のオットの変化

 

翌週末、さっそくオットはこどもたちを公園へ連れ出してくれました。

正直、言ってすぐはやってくれるだろうけど、しばらくしたらきっと忘れて元通りなんだろうな…とたかをくくってたんです。

 

でも!違いました!

 

翌々週も、その次の週末も、ちゃんと「どこか連れて行こうか?」と聞いてくれたのです。さらに、夜私がこどもたちと寝落ちしてしまった時、お皿洗いまでしてくれていたのです!これには、家出の甲斐あったな〜と思いましたね。

これまでお皿洗いなんて数えるほどしかしてこなかった人が!

 

妻は不満があるなら伝えるべき。はっきり言葉で言わないと夫には伝わらない

 

私ばっかり、育児に追われて…こんなにやっているのに、なんで気づいてくれないんだろう?

それくらい、こっちに聞かないでやってほしい。

少しは自分で考えてやってくれたらいいのに。

 

世の妻たちは皆『言わなくてもさりげなく家事や育児をやってくれる夫』を期待しています。でも、そんな奇跡のような夫は存在しません!もしそんな人がいるとしたら、それは妻の教育の賜物です。さりげなく夫を持ち上げ、頼りにし、誉める。その気になった夫が少しずつ「できる夫」になっていくのです。

 

私も週末こどもたちの相手をしてくれるオットを、「スペシャルなこと」と思わずそれを普通として、でも感謝を忘れず継続してもらえるよう気を配りたいと思います。

 

おかげで心の余裕ができました

f:id:apollo-fmfm:20170920161244j:image

 

今日のおやつ。

豆腐ドーナツをこどもたちとパクり。

くじらの形〜!ほんとだね〜!なんて笑いながら日々を過ごせるのも、ちょっとした心の余裕の為せる技。

幼児2人をオットに任せて初めての家出

30代主婦。現在、家出真っ最中。

原因は色々つもり積もったものがあるのだが、とにかく一人になりたかった。

 

我が家の一日の流れ。ほぼワンオペですよね?

 

我が家には幼稚園児と未就園児がいます。

朝、だいたい先に起きているこどもたちに「おなかすいたー」とか「着させてー」などと起こされます。これは日によって6時だったり7時だったり。

はいはい、と起きて朝ご飯とお弁当を準備し、その後で自分の着替えをしつつ洗濯機をまわします。

そして起きてシャワーを浴びて優雅に自分の身支度だけを済ませたオットが、長男を幼稚園へ送り届け、そのまま仕事へ行くという朝の一連の流れ。

長男がまだ朝ご飯を食べ終えていなかったり、身支度ができていない場合は容赦なく置いていかれます。その場合は私が下の子を連れ、歩いて幼稚園へ送り届けます。

 

日中は基本的に下の子とお散歩したり公園で遊んだり。お昼には家に帰って来て昼食を作り、あれよあれよと長男が帰宅。

「かーちゃん、一緒に遊ぼう」攻撃が始まり再び公園に行ったり、一緒にゲームをしたり、戦いごっこを強要されたり。

あっという間に夕方になり晩御飯の支度。

17時をすぎると「おなかすいたーおなかすいたー」と餌を求める雛鳥のようにうるさい長男をなんとかなだめすかしておやつではなく(15時にすでにおやつは食べている)ご飯を食べさせ、一緒に遊び、お風呂に入り、寝る準備をし、絵本を読んだりウノやトランプをして20時すぎまで過ごします。

20時半には、完全に消灯。

オットがこどもたちが寝るより早く帰宅することは週に1回あるかないか。

 

土日も仕事に行ってくる、と出掛けること多し。家にいても、いつもこっそりと自分だけこどもたちのいない部屋で寝ていたり。

 

※私は専業主婦ではなく、週に何回か仕事に出掛けています。

 

こどものこと以外を考える時間がほしい

 

ワンオペが辛くて家出してきた訳ではないんです。ただ、一人の時間が欲しかった。

 

本当に一人でずっと子育てされている方からしたら、なんだそんなもん!とお叱りをうけるレベルなのでしょう。または、それでも全然平気な人もいるのかもしれない。

でも、私は無理でした。

 

何が無理って、一人で思うようにできる時間がまったくないこと!

日中本を読もうとすれば1ページも読みきらないところで必ず邪魔が入るし、トイレだって鍵をかけていても外から開けて中に入ってくる次男

お風呂だってゆっくり湯船につかることもできないし、あがってからもこどもたちに服を着させるのでバタバタ。

 

寝かしつけてからは、一人の時間?

 

一緒にうとうと寝てしまう日もあるし、起きていられてもたまったアイロンがけや仕事の準備(集中して1時間程度は時間を要するものです)で時間をとられ、それから読書や考え事など、する気になれない。

 

日中の隙間時間にうまくやれないのです。

四六時中つきっきりでこどもと遊んでいる訳ではないけれど、ぼんやりしている時間はこどものあれが〜とか、今日の夕飯はなんにしよう〜とか、つまりは家族のことに費やしてしまって、自分時間ではない!

 

週に1度でもいいから、一人になれる時間を確保したい

 

正直、私には仕事をしている方が向いているのかも。フルタイムで働いて、現在のようにオットの協力が皆無だと辛いでしょうが。

完全にこどもと離れて一人になれる時間が大事。必要。

 

家出終了して、家に帰ったらオットに交渉しようと思います。

 

午前中に行き先も告げず家を出てきた訳ですが、こどもたちに昼食・夕飯はちゃんと食べさせたかな。

寝かしつけは大丈夫かな。

 

ほとほと子どもたちの事を考える脳になってしまっているので、そろそろ帰ろうかな。

といっても、今から家に向かって着くのは21時すぎですが。

さて、夜のうちに帰るか。朝になってから車を走らせるか。どうしたものか。

 

ああ、こういう時に呑み明かせるママ友がいたら良いのかも。ママ友ゼロ(➡ママ友ゼロですがなにか? - 2人と1匹暮らし*アレルギー育児)の私には未知の世界ですが…。

そばもちさん派

この間借りてきた絵本が可愛いのでご紹介。

 

しろもちくんとまめもちくん

 

 

しろもちくんとまめもちくん

しろもちくんとまめもちくん

 

 

しろもちくんとまめもちくんが仲良くお買い物。歩いていると石につまづき、さあたいへん!もちころころりん ころがって…

 

というお話なのですが、何が可愛いって、表紙裏に描かれたもちっこたち!


f:id:apollo-fmfm:20170707222907j:image

 

絵本に登場するしろもちくん、まめもちくん、ぼたもちさんの他にも、なんて魅力的なもちっこたち!可愛い〜!

 

是非シリーズ化してほしい。

 

私はのんびりお茶をすするそばもちさんが好き。いももち3人組も可愛い。いや、とにかくどのこも可愛いんだ!

 

2〜3歳児の読み聞かせにもオススメ

本文はほどよくまとめられていて、幼稚園児向けな長さとなっています。

でも、擬音語がうまーく使われていて、我が家の2歳児は「きゃっきゃ」と笑いながら聞いていました。

 

豆が転がる音。ばらっ ばらばらばらあ

瓶が転がる音。ごろっ ごろごろごろお

もちころころころ…

ふわっふわふわっ…

 

もちくんたちがたいへん!たいへん!な場面ですが、思わず笑っちゃう。

 

 やさしーいタッチの絵で、大人も和みます。

作者さんの他の著作はこんなラインナップ。

もちもちおもち (えほんのぼうけん24)

もちもちおもち (えほんのぼうけん24)

 

 このもちもちおもちが元になって、しろもちまめもちが生まれたのかな?

 

かぶきわらし

かぶきわらし

 
たいこうち たろう

たいこうち たろう

 
めんのめんめん (えほんのぼうけん)

めんのめんめん (えほんのぼうけん)

 
おやおやおやつ (えほんのぼうけん32)

おやおやおやつ (えほんのぼうけん32)

 

 言葉遊びが楽しい絵本ばかり。

 

さあ、皆さんは、なにもちがお好き?

「あって当たり前」のものを見直してみる

ミニマリストを目指している訳でも何でもないですが、この度、キッチンシンクにあるアレをなくしてみることにしました。

 

どこの家にも当たり前にある、洗剤、スポンジ置き場をなくしてみた


f:id:apollo-fmfm:20170707125626j:image

 

毎回、ここにある道具をどけて掃除をするのが面倒で煩わしくて。溝のひとつひとつを古ブラシでゴシゴシするのも時間がかかるし、シンク内を全部ピカピカに磨くためにもコレをはずさなければならない訳で。

 

もう、いっそはずしてみたらどうだ!

 

これまではスポンジ、洗剤、シンク磨き用アクリルたわし、まな板洗い用ブラシが常にかごにある状態で、さらにまな板ホルダー部にも当然のようにまな板を置いてありました。

はずしたらそれらをどうするのか。

 

➡洗剤はちょっとした隙間に置けた

➡アクリルタワシは使用後洗って乾かして引き出しへ

➡まな板洗い用ブラシは毎回使う訳ではないので引き出しへ。使用時はアクリルタワシ同様に

➡まな板も使用後洗って乾かして引き出しへ立てて収納

 

ここでひとつ問題発生。

スポンジは乾かして収納するには使用頻度が高すぎる。シンク内にスポンジホルダーをペタッとくっつける?

でも、やはりホルダー部の掃除が…うぬぬ。

と、いうわけで今現在はこんな形。

 

輪ゴムを通したステンレスピンチ、蛇口にひっかけただけ。

 


f:id:apollo-fmfm:20170707130957j:image

 

これが意外と、ちょっこっとコップひとつ、スプーンひとつ洗いたい時に便利でして。

ゴムだから引っ張るだけでびよーんと伸びてびよーんと戻ってくれるのです。

 

肝心のシンク内はというと、掃除はもちろん快適!

はずしてみたら、大きな鍋もフライパンもさっと置けるようになって、食器洗い時も快適!

 

いやあ、はずして良かった!

 

あって当たり前のものを見直してみると、生活がぐんと快適になった

 

当たり前にあるものを見直してみると、案外他のもので代用できたり。それでなくてはいけないことはない。

 

まだまだ家のなかで見直せることがありそうです。

次男の効果音が面白すぎる

うちの次男、2歳。

近ごろほんとーーーによくしゃべるようになって、外出先では驚かれることも多々。

 

そんな次男、男の子にありがちな「とぅっ!」とかはもちろん、「じゃーん!」「てぃっ」「たあっ」「ほっ」と、よくまぁ色んなオノマトペをつけながら動きまわっております。

 

そんな中、炭酸飲料を飲んでからの〜

ごくん。

 

「シュワぁ〜」

 

(え?いま、シュワって言った?)と思ったら、次の一口を飲んでまた、「シュワぁ〜」と言うのです。

飲んでは「シュワぁ」飲んでは「シュワぁ」言うので、あまりに可笑しくて吹き出してしまいました。言わずにはいられないのか!

それを真似して長男までシュワシュワ言い出すので、シュワうるさいわー!ウルトラマンかー!

 

とか言ってたら、TSUTAYAウルトラマン借りてくるようになりました。次男が。怪獣登場シーンになると怖いらしくソファの影からチラチラ見てますけどね。

 

まぁ、なんのことはない。2歳児おもろいな、という話でした。

 

 

 

ウルトラ怪獣シリーズ 77 ピグモン

ウルトラ怪獣シリーズ 77 ピグモン

 
ピグモンのおつかい (ウルトラかいじゅう絵本 すくすく知育編)

ピグモンのおつかい (ウルトラかいじゅう絵本 すくすく知育編)

 

 ピグモンインパクトってすごいな。

 

 

 ウルトラ家族はどこまで増え続けるんだろう。

花のある暮らしに憧れるだけからの脱却。堅苦しくなく花を飾る暮らしに

片付いたテーブルの上に、センスよくお花が飾られていると、それだけで優雅な一日が過ごせるような感覚になります。

できることなら花を飾る余裕を持ち、ゆとりある日々を送ることができたら素敵なんですけど…そうはいかぬちびっこ怪獣のさばるリビング。

 

「おりゃー!」

「ジャーンプッ!!」

「負けないぞー!やぁーー!」

 

・・・。と、主に次男の叫び声が朝から晩まで響き渡るリビングなので、花器を置いて倒して割られるのも怖いし、ダイニングテーブルの上に置いておくのも邪魔だし、キッチンカウンターの上に置いたら高すぎて花がよく見えない&視界が遮られる。むむむ…。

 

花を飾るって、家の中が片付いていないと始まらないよね?

 

そもそも、花ってどこに飾るもの?

ごちゃっと物が積み上がったテーブルの上に、花瓶。

靴がちらかった玄関の片隅に、花瓶。

 

いやいや、ないでしょ。

お花を飾る行為って、結構ハードル高いと思うんです。

おうちの中をまず片付け、お花を買ってきて、生ける。

毎日お花を買ってきて飾るとなると金銭的余裕がないと無理だろうし、それ以前に、心の余裕がないとできない。そんな風に思っていた。

 

花を飾るのは、こどもたちが中学生くらいになってかしらねぇ、なんてぼんやり耽っていましたら、そんなこともないかな?と思わせられる出来事が。

 

 

長男がくれたあかつめくさ

 

「はい、かーちゃん。これあげる」

 

庭に咲いていたポンポン飾りのようなあかつめくさ。そこらに存在感なくあるものだし、普段は気にもとめていなかったけれど…息子のお手てから渡された一輪のあかつめくさは、何だかとても可愛くて。

 

「紫のお花、咲いてたんだよ!かわいいねえ」とニコニコ話す長男に、そうだねえ、と返しながら、受け取ったあかつめくさを見つめてみる。こんなにあかつめくさをじっと見たこと、あったろうか。

ぽいッとするには忍びなくて、でも、こんな小さいお花を生ける花器は家にないし。さて、どうする。

 


f:id:apollo-fmfm:20170630115437j:image

 

思いつきでプリンの空き瓶に入れてみたらば、あら。素朴でいいじゃないか!

 

これなら小さいからどこにでも置けるし、移動もらくらく。いつでも好きなところで見られる!

 

小さなお花が、心にゆとりをもたらしてくれるのだな

 

長男の『かわいいな』『かーちゃんにあげたいな』の気持ち。

見るたびに、嬉しいな、幸せだな、と感じます。

 

いつ、何が起こるかわからない人生だから、一日一日に感謝して、幸せだな、と思いながら過ごしていきたいなぁと考えるここ数日だったので、ほんの小さな出来事ですが心が潤いました。

 

これから、このプリンの空き瓶に小さなお花を飾る日々となるでしょう。

 

ずっとずっと続けていけたなら、見るたびに、長男があかつめくさをくれたあの日のことを思い出すんだろうな。

 

とはいえ、素敵な花器もいつか欲しいなあ。

 

 

我が家のサイズ的には、こちらかな。

職場の親睦会にこどもを連れて行くべきか否か

先日、仕事関係の親睦会でレタス栽培のハウスを見学してきました。

 


f:id:apollo-fmfm:20170628153924j:image

こちら道東はまだまだ肌寒いけれど、そこはプロの管理下のハウス、立派に育った数種類のレタスがたーくさん!

 

水耕栽培ということで、発泡スチロールに穴を開け、そこからわさわさと育っていくレタスたち、見ていて面白かったです。

家でもできるかな、あの仕組み…。

 

次男を連れて行ったのですが、縦横無尽に走り回り、ちょっと目を離すとどこに行ったかわからなくなり、もう、疲れた…。

 

頂いてきたレタスは新鮮でシャキシャキ!ハムとコーンと裂けるチーズとミニトマトトッピングで、とっても美味しいサラダができました。

 

こどもを連れて行って良い場合とそうでない場合

ところでこういう時、周りの方々は優しくてこどものことを連れてきていいよ〜と言ってくださるのですが、正直、少しも大人しくしていない次男を連れて行ったのは失敗だったかも。

ハウス見学はまだ外だったこともあって良かったのですが、後のお食事会場では周りの方々を巻き込み戦いごっこを強要する我が子。もう、すみません〜と平謝り。

「いいのいいの、元気な証拠」

と、にこやかに見守ってくださったので大変助かったのですが、帰宅後オットに話すと「それはダメでしょ。社交辞令だよ」と。

 

2歳のこどもの暴挙をどこまで許せるか。

半分くらいは「仕方ないよね」という考えだったワタシですが、オットにバッサリ斬られたことで考え直すきっかけとなりました。

 

全員がこどもに優しい視点を持っているとは限らない

うん、たしかに迷惑だと感じる人がいる限り、好意に甘えすぎるのは良くない。

連れていって、きちんと大人しく席に座っていられるような子なら問題なし。長男はこのタイプで、たくさん人のいる場所では親から離れて自由に行動することはなかったのです。が、次男はまるで違う。

 

「元気ね」と思う人もいれば、「しつけが行き届いていないな」「うるさいな」と感じる人もいるわけで。

いつもの母親目線で考えると、当たり前が当たり前じゃないことに気づけなかったりもするのだな。

 

オットからもうひとつ。

「兄弟は別物と思った方がいいよ」

 

うむ。上の子の時は大丈夫だったから、きっと下の子も〜、とね。なりがちですよ。

二人はまったく違う人格だということは重々承知ですが、つい、ひとりめの経験則にのっとってしまいがち。

 

日々の子育ては、ほぼほぼワンオペな我が家ですが、オットからこういう意見をもらえて良かったような、わかってる風で悔しいような。

 

夫婦間の会話、大事だなーと改めて感じたのでした。